会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

便利な商品検索
キーワード
取り扱い 商品カテゴリー

●と空欄はHIDキットの
取り付け予約が可能

は若干混んでいます
のでお問い合わせ下さい

×は弊社定休日又は
取り付け不可日です。

希望日をクリックすると
メール
で問合わせが可能

12/2013・ 1月 取り付け予約表
23
24
25
26
27
×
28
×
29
×
30
×
31
×
 1
×
 2
×
 3
×
 4
 5
 6●  7●  8
 9● 10
11● 12
13 14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2/1
2/2
2/2
2/3
 

ロータス,アクセサリー ケーターハム部品、アクセサリー Yahoo!オークション 地図はこちら 

                                            

ニライカナイドットコム  〒299-0211千葉県袖ヶ浦市
 Tel 0438-53-7404 FAX 0438-53-7404
不定休

キセノン、HID・ヘッドライト
カテゴリ一覧
別売オプション部品 別売オプション部品
Jaguar・ジャグァー Jaguar・ジャグァー (6)
ジャガー・カーズ(Jaguar Cars)はイギリスの自動車メーカーで、フォード・グループに属する。高級車とスポーツカーを中心に製造している。
Ford・フォード  Ford・フォード (11)
フォード・モーター・カンパニー(Ford Motor Company,NYSE:F)は世界の自動車王ことヘンリー・フォード一世が1903年6月16日に創業した、アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(デトロイトの近郊都市)に本社を置く自動車メーカー。
Lotus・ロータス Lotus・ロータス (16)
ロータス (Lotus) は、イギリスノーフォーク州ヘセル・ノーウィッチ( Hethel Norwich Norfolk)に本拠地を おくスポーツカーメーカーである。車両の開発販売を行うロータス・カーズ、技術シンクタンクとして各種の 技術開発を行うロータス・エンジニアリング、グループを統括するグループ・ロータス及び ロータス・グループ・インターナショナルなどで構成されるグループ企業である。
Caterham・ケーターハム Caterham・ケーターハム (7)
ガトウィック空港とロンドンとの間にあるCATERHAM HILLESのペトロールスタンド、日本ではガソリンスタンドの裏にセブンハウスという建物があり、下がショールーム、事務所、車両置き場で上はアパートでした。ロンドンからは電車だと終点にあり、現在は駅の隣に移転してホームからも見えます。
ランドローバー・レンジローバー ランドローバー・レンジローバー(2)
ランドローバー (英: Land Rover)は、英国基盤のオフロード4WDの自動車メーカーである。現在はフォード・モーター傘下にある。 代表的な車種に、レンジローバーがある。その他、ディスカバリー フリーランダーなども、生産、発売されている。
MG/ローバー/BMC MG/ローバー/BMC(5)
ローバー(Rover)は、イギリスの乗用車のブランドである。BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション British Motor Corporation)は、1952年より1965年まで存続したイギリス資本で当時最大の自動車メーカー。
M/B・メルセデス・ベンツ M/B・メルセデス・ベンツ (28)
1886年にドイツの技術者、カール・ベンツによって創設された世界最古の自動車メーカーの一つ。1920年代より、当時ヨーロッパで盛んになっていたモータースポーツに積極的に参戦し、数々の好成績を収めその名声を確固たるものにした。ゴットリープ・ダイムラーが、ベンツと殆ど同時期に創設したダイムラー社と合併したのは1926年である。
BMW・ビー・エム・ダブリュー/ベー・エム・ヴェー BMW・ビー・エム・ダブリュー/ベー・エム・ヴェー(16)
BMW(独:ベー・エム・ヴェー 英:ビー・エム・ダブリュー)は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とする自動二輪車及び四輪自動車メーカー。高級車メーカーとしては、世界最大である。 本社ビルは、エンジンのシリンダーを模した円筒形を4つ組み合わせたような形をしており、vier Zylinder(フィア・ツィリンダー、英語でfour cylinders)と呼ばれる。
PORSCHE・ポルシェ PORSCHE・ポルシェ (7)
ポルシェ (Porsche A.G.) は、ドイツの自動車製造会社。 高級スポーツカーとレーシングカーを専門に開発・製造し、中でも1963年に発売されたスポーツカー「ポルシェ・911」は改良を重ねながら製造・販売され、現在でも高い人気を誇っている。そのため、水冷エンジンとなった新世代ポルシェにおいても、「リアエンジン」と「911」の名前は「記号」として残されることになった。殆どの製品に共通する「カエル顔」と呼ばれるデザインも特徴。
TOYOTA・トヨタ TOYOTA・トヨタ(39)
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ)は、愛知県豊田市、及び東京都文京区に本社を置く自動車メーカーである。他に名古屋市中村区の名古屋オフィス等をはじめとして各地に拠点を有する。なお、このトヨタ自動車の本社がある豊田市の地名は、トヨタ自動車創業者の「豊田」(とよだ)姓によるものである。
HONDA・ホンダ・本田 HONDA・ホンダ・本田(33)
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、Honda Motor Co., Ltd.)は、日本を拠点とする大手機械工業メーカー。主に「Honda」のブランドでオートバイと自動車、汎用製品を製造している。新規分野としてASIMOのようなロボットや小型飛行機も開発している。創業者の本田宗一郎は経営者・技術者として著名であり、社名は同氏の姓から名づけられた[1]。日本の自動車メーカーとして9番目に設立された。
NISSAN・DATSUN・日産 NISSAN・DATSUN・日産(26)
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ) (英語名: Nissan Motor Co., Ltd.)は、東京都中央区に本社を置く自動車メーカーである。日本のビッグスリーの一角。通称とブランド名は「日産(NISSAN)」。日本国外の一部では、高級車ブランドである「インフィニティ(INFINITI)」も展開する。
Volkswagen・フォルクス・ワーゲン Volkswagen・フォルクス・ワーゲン(18)
フォルクスワーゲン(Volkswagen )とは、ドイツ・ニーダーザクセン州のヴォルフスブルクに本社を置く自動車メーカー「フォルクスワーゲン株式会社」(Volkswagen AG )、及び同社が製造する自動車ブランドの一つ。略称はVW(ファオヴェー〔ドイツ語読み〕あるいはヴイダブリュー〔英語読み〕)。 狭義には、同社初の生産車であり、半世紀以上に渡って2152万台が生産されて世界的ベストセラーとなった小型乗用車『フォルクスワーゲン・タイプ1』を指す場合もある。
Audi・アウディ Audi・アウディ (6)
アウディ (Audi) は、フォルクスワーゲングループのドイツの自動車メーカー。円を4つつなげたマークは、4つの指に嵌る4つの指輪を表すとも(ドイツ語のFingerは人差し指〜小指を意味し、親指はDaumenと言う)、4人の貴婦人=4つの会社を表すとも言われ、「団結」を象徴している
Alfaromeo・アルファロメオ Alfaromeo・アルファロメオ(9)
第二次世界大戦以前から自動車レース界の強豪でもある高性能車メーカーとして名声を得、戦後もランチアと並びイタリアを代表する上級車メーカーとして知られたが、経営難に陥った後の現在はイタリア最大手のフィアット傘下にあって、ブランドイメージのスポーツ性を前面に出した車の開発、生産を担っている。
オペル・Opel オペル・Opel(10)
オペル(Opel 、正式社名:アダム・オペル、Adam Opel GmbH )は、ドイツ・リュッセルスハイム(Russelsheim )を本拠とする自動車メーカーである。 1929年以降はゼネラルモーターズの100%子会社であり、同社の欧州におけるビジネスを担っている。
Peugeot プジョー Peugeot プジョー(7)
オートモビル・プジョー(Automobiles Peugeot )は、フランスの自動車メーカーである。同じくフランスの自動車会社シトロエンとともに企業グループ「PSA・プジョーシトロエン」を構成している。 後ろ足で立ち上がるライオンを象った企業ロゴ(ベルフォールのライオン)を採用している。
ボルボ・Volvo ボルボ・Volvo(7)
ボルボ・カーズ(Volvo Cars)は、フォード・モーター傘下の自動車ブランドである。フォード・モーター内、プレミアム・オートモーティブ・グループに属している。
MMCスマートSMART MMCスマートSMART(2)
設立時はスイスの時計メーカー、スウォッチ社との合弁企業であり、当初は会社名は「MCC」社(「MicroCompactCar」の略)であった。 「smart」の車名の由来はスウォッチ(Swatch)の「S」と親会社ブランドのメルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の「M」、それぞれの芸術(art)で「smart」となった。
SAAB・サーブ SAAB・サーブ(2)
SAAB (サーブ) は Svenska Aeroplan AB (スウェーデン航空機会社) の略であり、 スウェーデンの航空機と自動車のブランドである。
LANCIA・ランチャ LANCIA・ランチャ(2)
1906年にヴィンチェンツォ・ランチア(Vincenzo Lancia, 1881年-1937年)によって創立された。起業家となったモータースポーツ好きのランチアは、裕福な缶詰スープ会社の家系に生まれたので、車に若い頃から接触することができた。一時はフィアットの契約ドライバーとして活躍し、レーシングドライバーとしての才能を見せたが それに飽きたらず、1906年に自ら自動車メーカーを設立し、オーナー兼技術統括責任者となった。
CITROEN・Citroen・シトロエン CITROEN・Citroen・シトロエン(6)
シトロエンのエンブレムは2つのクサビ形を重ねたもので「ダブルヘリカルギア」または「ダブル・シェブロン」と呼ばれる。これはアンドレ・シトロエンが経営者としてスタートするきっかけになった歯車「シェブロン・ギア(やまば歯車)」の歯形をモチーフとしたものである。
フィアット Fiat フィアット Fiat(4)
フィアット (FIAT) は、イタリア最大のコングロマリットで、本社をトリノに置く。「フィアット、陸に、海に、空に」のスローガンの元、自動車の製造のみならず、鉄道車両や船舶、航空機の製造などの産業分野全般を掌握し、出版、金融等にも進出している。かつては「フランスはルノーを持っているが、フィアットはイタリアを持っている」とまで評された。
Renault・ルノー Renault・ルノー(4)
フランス語圏以外でこの社名を言う場合には、「レノー」と発音しないと通用しない場合があるが、フランス語圏での発音に一番近いカタカナは「ルノー」あるいは「ルノ」である。
 Chevy・Chevrolet・シボレー Chevy・Chevrolet・シボレー(7)
創業者はスイス出身のレーシングドライバー、ルイ・シボレーとGM設立に大きく関わったウィリアム・デュラントで、1911年に設立した。シボレーのエンブレムはボウタイ(蝶ネクタイ)とも呼ばれる。
JEEP・ジープ JEEP・ジープ(5)
ジープ(JeepR)とはクライスラー社の四輪駆動車のブランドである。ジープは単なる商標に留まらずその優れた設計から民生のクロスカントリーカーや小型軍用車両の代名詞となっており、ライセンス生産、コピーを問わず世界中に亜流が存在する。
CHRYSLER・クライスラー CHRYSLER・クライスラー(5)
クライスラー(Chrysler LLC)は、アメリカ合衆国の自動車メーカーである。現在、クライスラー、ダッジ、ジープのブランドを展開しており、GMやフォードと並び「ビッグスリー」の一角を占める大メーカーである。
Cadillac・キャディラック(1)
キャディラック (Cadillac) はアメリカのゼネラルモーターズ社が製造・販売している高級車のブランド名。 なお、日本ゼネラルモーターズではキャデラックと表記されており、かつてはキヤデラック (「ヤ」が大文字) 、カデラック とも表記されていた。
GM・ゼネラルモーター GM・ゼネラルモーター(2)
ゼネラルモーターズ (General Motors Corporation,NYSE:GM) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに本社を置く自動車メーカーで、アメリカのビッグスリーの一角。略称は「GM」。
マセラッティ マセラッティ(1)
ロゴマークはマセラティ創業の地、ボローニャのシンボルの1つである『ネプチューンの噴水』に因み、ネプチューンの持つ三叉の銛、トライデントがモチーフとなっている。またマセラティ三兄弟の結束を表す。
DADGE・ダッジ DADGE・ダッジ(2)
ダッジ(Dodge)とはアメリカの自動車ブランドである。1914年に設立されたダッジ・ブラザーズ(Dodge Brothers)自動車が前身で、1928年に買収されクライスラーの一部門となった。1998年からはダイムラー・クライスラーの一部門であったが、現在は再びクライスラーの一部門である。
スバル・富士重工業 スバル・富士重工業(8)
富士重工業(ふじじゅうこうぎょう、FHI)は、日本の重工業メーカーのひとつ。「スバル(SUBARU)」のブランド名で自動車などを製造している。 通称「富士重工」、「富士重(ふじじゅう)」とも。英訳名は、Fuji Heavy Industries Ltd.(英略称はFHI)。
MAZDA・マツダ MAZDA・マツダ(8)
本社は広島県安芸郡府中町にある。ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産し続けている世界で唯一の企業。バブル期の拡大路線でつまずき一時経営不振に陥り、1995年以降、それ以前から提携関係にあったアメリカ・フォードの傘下に入り、経営改善に努めた。
ダイハツ工業 ダイハツ工業(1)
ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーの一つである。本社は大阪府池田市。ブランド名・社名の由来は、証券取引市場において、東京と大阪にそれぞれ存在した「発動機製造」を「トーハツ(東京)」「ダイハツ(大阪)」と略称したことから。
三菱自動車工業 三菱自動車工業(7)
三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう)は、三菱グループに属する日本の自動車製造者の一つで、1970年に三菱重工業から独立した。 三菱重工業とクライスラーとの合弁事業としてスタートし、1993年までクライスラーと資本提携していた。その後、2000年からドイツに本拠を置くダイムラー・クライスラーと資本提携関係となったが、現在は解消。
日野 日野(2)
スズキ・鈴木 スズキ・鈴木(3)
現在の本社所在地は静岡県浜松市南区高塚町300であるが、かつて行政区域が浜名郡可美村に属していたことから、各種広報での住所表記は「浜松市外高塚」と記していた。1991年5月1日に同村が浜松市に編入合併され、村自体は消滅したが、本社の所在地は当時の所在地と同じである。
HOLDEN HOLDEN(1)
オーストラリア唯一の自国独自ブランドの自動車メーカーで、J.A.ホールデンが1856年にアデレードで馬具製造の会社として設立したのが起源である。
フェラーリ フェラーリ(1)
ランボルギーニ ランボルギーニ(2)
いすず いすず(2)
ロールスロイスRolls-Royce ロールスロイスRolls-Royce
ロールス・ロイス(Rolls-Royce)は、イギリスの高級乗用車および航空用エンジンメーカーの社名およびブランド名である。名称は、創業当時の出資者チャールズ・スチュアート・ロールズと技術者のフレデリック・ヘンリー・ロイスにちなむ。

HIDキットの特徴

クライマックスのニライカナイHIDキットは、

ハロゲンバルブから交換コンバージョンキットです。

省スペース、ハイパワー、低価格!キットタイプや色は用途に合わせ選んでいただけます。

この圧倒的な明るさを体験してください!

HIDとは?

HID(High Intensity Dischargeの略)は、フィラメントを持たない唯一のヘッドランプシステムです。

※高効率バルブ内に封入してあるキセノンガスに、2万ボルトの高電圧を射出する事により、

点火、点灯します。

点灯後は徐々に電圧が下がり常時35W(ワット)になる為、バッテリー等に負担がかかりません。

長寿命

理論上バルブ切れが無いので長寿命となります半永久ではありません。

具体的な説明では、白熱球より蛍光灯が圧倒的に長寿命で省エネです

ヘッドランプ購入時の光量を100%とした時、減光70%を寿命とします。ハロゲンバルブでは、

200時間と寿命が短いのですが、HIDは10倍の約2000時間と長寿命です。

※バラストも消耗部品です。永久に使用する事はできません。

光量

2〜5千ルーメンの光量があり、ハロゲンバルブの約1.5〜2倍の明るさを持ちます。

この、圧倒的な明るさを経験してしまうとハロゲンバルブに戻る事はできません!

ファッション性ばかりで無く、装着しただけで安全、安心を身に着ける事ができます。

省スペース

ワンボディー超小型バラスト 取り付けスペースを選びません。

色温度

色温度はキット、用途に合わせ数タイプ用意いたしました。

T:赤色

(遠くまで飛ぶので主にブレーキランプや信号にも使います。)

 

U:黄色

(人間に安心感を与えて安らぐ色、フォグランプ等にも使われるように赤に準じて遠くまで

ヒカリが届きますので信号にも使っています)

緊張色 白色又は青色

(太陽光に近いので人間は眩しいと感じる色です。明るくなくても眩しいと感じる色です。

直進力は黄色赤色と比べて白色又は青色は落ちてきます)

V:青

(更に直進生が無くなり乱反射しますので光軸が造りにくくなり見ているのは綺麗ですが

、運転席に座って前を見る物ではありません。

車検は6000K白色までが対応としている工場が多いのでそれ以上は車検には

合格出来ないとお考え頂いても構いません。

ご注意ください。

※色温度は明るさではありません。ケルビン数(数字)が多いからといって

明るくなるものではありませんのでご注意下さい。かえって全光量は減り続けます

視認性

HIDを取り付けることによって、実感できる最大の特徴は、視認性の向上です!HIDの光は

太陽光に近い為、物の形を正確にとらえられます。

それだけではなく、照射範囲が大きく、さらに見やすくなります。HID装着車両が、

増えている要因としては、ファッション性ばかりでなく、安全性を望む方が多くいますので

そのような方には色温度を下げて5000Kまでにされた方が賢明です。


Tel 0438-42-1791 FAX 0438-42-1792 表示価格は為替相場変動により予告なく変更することを予め御許し下さい